襟足を脱毛するときに知っておきたい事

自己処理が難しい襟足ですが、やはり気になれば他人の手を借りて脱毛する事が多くなります。

 

理容室では、襟足のシェービングも行えるので自己処理するならプロのシェービングの方が安全です。どうしても時間が無く、直ぐに脱毛できない場合には安全カミソリと呼ばれるT字型のカミソリを使います。

 

最近は、ハイテクで肌に負担が掛からないものもあるので、カミソリを選ぶのも安全でキレイにする為には大切ですね。

 

自己処理の場合には、石鹸ではなくシェービングクリームやワセリン等を塗って刃が肌を傷つけない工夫をしましょう。襟足は広範囲になるので、べたつきが気になるならお風呂の前に脱毛して軽く洗い流し保湿を忘れずに行います。脱毛すると肌が乾燥しやすくなりますから、シェービング後だけでなく毎日保湿を忘れないようにしてください。

 

家庭用脱毛器は、襟足の脱毛にも利用できますが鏡を見ながら器械を使わなくてはならないので火傷の危険性も考えられます。脱毛器を利用するなら、必ず第3者の手を借りるようにしてください。襟足の脱毛をキレイに安全にするなら、クリニックや脱毛サロンを利用しましょう。

 

好みのデザインにしたりも出来るので、自己処理より確実な仕上がりになります。襟足の毛は、思うよりも太かったりしますし再生も早いので生えては脱毛するよりは脱毛機関を利用する方が良いと思います。頭に近いほど刺激や痛みを感じるようですから、これについても予め聞いておくと良いですね。クリニックはレーザー脱毛ですから、痛みが我慢できないなら麻酔クリームを使います。熱は感じますが、痛みは無くなるので安心して受けられます。

 

人により麻酔しても痛みを感じるのでは痛みに弱いなら脱毛サロンがオススメですね。襟足の脱毛は値段も比較的安いので、見せることが多いようなら早めの脱毛を検討しましょう。首は「うっかり日焼け」しやすいので、夏場の脱毛は避けたいですね。脱毛期間は日焼けも出来ないので、秋から冬に襟足の脱毛を組むのが最適でしょう。


関連ページ

うなじ脱毛は家庭用脱毛器か?エステか?どっち?
うなじの脱毛は、家庭用脱毛器がいいのか?美容外科のレーザー脱毛がいいのか?エステの光脱毛がいいのか?
気になるうなじ脱毛!痛みや効果は!?
気になるうなじ脱毛の痛みや効果についてお伝えいたします。
うなじ脱毛をするとこんなメリットがあります
髪をアップにすると意外と目に入るのがうなじです。 うなじ脱毛はメリットもたくさんあります。ここではうなじ脱毛のメリットについて紹介します。
ミュゼのうなじ脱毛は痛みが少ないってホント?!
痛みに弱い人は、うなじの脱毛は苦痛に感じることがあるようです。しかしミュゼのうなじ脱毛なら痛みが少ないと評判です。ミュゼのうなじ脱毛について調べました。
うなじの脱毛は自己処理では難しい!!
うなじのムダ毛は自己処理するのがとても大変です。簡単にできそうなうなじの脱毛ですが、やってみると色々な問題点がありました。うなじ脱毛を自宅でやった際の失敗談をお伝えします。